『臨床美術』とはなんでしょう?

 

森の美術部では、『臨床美術』のアートワークプログラムを取り入れております。

 

臨床美術(クリニカルアート)とは、主に認知症の症状抑制や予防のために、1996年に医者・美術家・ファミリーケア・アドバイザーがチームとなって開発された独自のアートプログラムです。

独特な創作活動を行うことにより脳が活性化し、臨床美術士が一人ひとりの参加者にそった働きかけをすることで、その人の意欲と潜在能力を、自然なかたちで引き出していきます。
医療・美術・福祉の壁を越えたアプローチが特徴で、他に例をみない先駆的なアートセラピーの取り組みと言えます。

現在、こどもの発達障害、うつ病からストレスなど社会人のメンタルケア、小学校での社会総合教育など、多方面で実績をあげております。

 

●幼いこどもからお年寄りまで、

●身体的なハンディキャップがある方も、

●絵を描いたことがない、絵は苦手という方も、

 

きもちよく、のびのびと描くことができます。

 

臨床美術のプログラムで、眠っていた感性をひきだし、右脳を活性化させることで、誰もが爽快感が得られます。

 

『森の美術部』では、この臨床美術の独特なアートプログラムが、すべての方のこころとからだを、芯からときほぐし、リラックスさせてくれる癒しのプログラムになると確信しております。

 

絵を描くことは、ほんとうの自分を知ること。

絵を描くことで、自分の持ち味がよくわかり、自己肯定感が高まります。

 

この難しい時代に、ぶれずに自分らしく生きていける足がかりとなってくれることでしょう。

そして、それぞれが個性をもちより、お互いに持ち味をいかしあい、共に励ましあってゆくことが、よい社会をつくっていく第一歩になるのではないでしょうか?

 

まずは、十人十色の面白さ、是非とも発見していただきたいと思います。

 

いきいきとした人生と送りたいと願うすべての方へ、『臨床美術』をお届けしたい、それが『森の美術部』の願いです。

ぜひ一度体験していただけたらと思います。

臨床美術士 

「臨床美術という美しいセラピーの話をします」

​ キャスター 安藤裕子さん 

© 2023 by THE BAKERY. Proudly created with Wix.com